糖尿病(内科)

糖尿病の専門ケアを目指して

生活習慣の欧米化および車の発達により、糖尿病は今や潜在的予備軍を入れると2210万人を超えるといわれ、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な致死性疾患の大きな原因となっています。これら増大する糖尿病に対して、本格的な対策が社会的に求められてきており、当院でもこれらのニーズに応えるべく専門的ケアの指導が出来る糖尿病外来を設けております。

生活習慣の変化により糖尿病は増大傾向です。

当院の糖尿病外来も、生活習慣の変化とともに、患者さんが増大傾向にあります。そのようなニーズに応えるため、平日の診療を拡張させていただきました。ご関心のある方は、どうぞ当院を気軽にご活用ください。

外来診察日 月・金:午前/午後(第一土曜:午前)

診療方針

ph_tounyou01

糖尿病専門外来では、糖尿病の進行具合、合併症の進行具合を皆様の診察後に糖尿病専門医が判断し、その後の治療方針を定めます。同時に糖尿病治療に欠くことの出来ない食事療法と運動療法の指導を行い、さらに必要に応じて薬物療法の指導を行います。経口糖尿病薬とインスリン治療に、最近注目のインクレチンを使った治療法を含めて治療方針を決めます。コントロールの出来ない方のために糖尿病教育入院と、忙しい方には一泊学習入院を設けております。このほかに糖尿病専門医、糖尿病療養指導士と管理栄養士による糖尿病教室・栄養指導・計量実習を定期的におこなっております。さらにコントロールの質を上げるため簡易型の血糖測定器による血糖測定法についても指導しております。また、フットケア専門看護師によるフットケア外来を設けております。

主な症例や検査内容

血糖値、HbA1c、血圧、尿検査などの検査結果は来院したその日にわかるように準備しております。
さらに糖尿病の合併症評価のために、眼科医による眼底評価、糖尿病生神経障害のための自律神経テスト、動脈硬化評価のためのABI・PWV・ITMを設けております。

 

早期の対策が不可欠です

糖尿病は親から受けた体質に肥満・食べ過ぎなどの誘因が加わり発症するといわれています。誘因を除去し、発症しないように予防することが最も大切なことですが、糖尿病が疑われた時には早期発見・早期治療そして早期の合併所予防が重要です。現在のコントロールに満足されていない方を含め、ご関心のある方は当院を気軽にご活用ください。

糖尿病一泊学習入院

糖尿病一泊学習入院を実施しています。

詳しくは糖尿病一泊学習入院をご覧ください。

医師紹介

島内 武英 医師

午前月 金 土(第1週)  
午後月 金  
外来医師担当表
健康診断・がん検診
予防接種
訪問診療
訪問看護ステーションひまわり
求人情報

静風荘病院へ来院・ご相談をお考えの方に

お電話でのご相談 電話:048-477-7300 診療時間:午前 9:00〜12:00  午後 2:00〜4:00 休診日:日曜・祭日
ご来院
〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-9-28
地図
このページの先頭へ